メディア
調査リポート
» 2015年05月26日 10時00分 公開

「サーバ」シェア(2014年第4四半期)シェア情報アーカイブ

<アブス>2014年は4697億円の出荷規模だった国内サーバ市場。シェア情報を紹介する。

[キーマンズネット]

 IDC Japanの調べによれば、2014年の国内サーバの市場規模は前年比1.7%増の4697億円であった。x86サーバは、円安による部材コストの上昇に加え、サーバ集約による1台当たりのメモリなどの増加を背景に、平均単価が上昇している。また、スーパーコンピュータの出荷額は前年比で大幅に増加したが、RISC&IA64サーバ(UNIXサーバ)/ビジネスサーバ/メインフレームはいずれもマイナス成長であった。

 ベンダー別の市場占有率(出荷額ベース)を見ると、1位のベンダーは、スーパーコンピュータとx86サーバが寄与し23.1%であった。2位はx86サーバとメインフレームが2桁のプラス成長で22.8%。3位は14.4%で順位を1つ上げた。

 同年第4四半期(10〜12月)の市場規模は前年同期比15.7%増の1338億円で、ベンダー別市場占有率(出荷額ベース)は、1位が25.9%で前年同期から順位を1つ上げ、2位はx86サーバが堅調だったものの24.7%で順位を下げた。

 2014年の出荷額はスーパーコンピュータを除き前年比マイナス成長で、出荷台数もODM(Original Design Manufacturer)からユーザー企業が直接サーバを調達する“ODM Direct”を除くとマイナス成長となる。従来ベンダーがリーチしている企業向け市場は引き続き縮小していて、今後、ODMやODM Directを採用するグローバルなクラウドサービスプロバイダーと協業を進めるか、対抗し得る勢力になって競合するか、判断を迫られることになると予想されている。

「サーバ」シェア(2014年第4四半期) (出典:IDC Japan)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。