メディア
特集
» 2015年10月05日 10時00分 公開

仮想化の歴史から学ぶ、アプリケーション仮想化が求められるワケ

サーバにストレージ、ネットワークやデスクトップなどの仮想化の違いは何か。一般的な技術として広く普及してた仮想化技術の歴史を学ぶ。

[酒井洋和,てんとまる社]

 ホストコンピュータの時代に誕生した仮想化技術は、今では一般的な技術として広く普及していることはご存じの通り。仮想化技術はさまざまな領域で実装されているが、中でもアプリケーション仮想化はスマートデバイスがビジネスシーンで活躍する現在、有効なソリューションとして注目されている。今回は、数ある仮想化技術の仕組みや利用メリットをおさらいしながら、アプリケーション仮想化を理解するための基礎知識を紹介していく。

仮想化の歴史

 仮想化とは、CPUやメモリ、ディスク、OS、アプリケーションなどハードウェア内に閉じた物理的な構成を、論理的に統合、分離可能にする技術のことで、いわゆる「コンピュータが持っているリソースを抽象化」するものだ。

 その概念はコンピュータの黎明期である1960年代に既に登場しており、ユーザー間でコンピュータリソースを共有して利用できるタイムシェアリングの仕組みがその起源とされている。このタイムシェアリングの考え方によって高価なリソースを効率よく利用することが可能となった。

 その後、CPUの高性能化やメモリ価格の低下に伴ってPCサーバが台頭し、安価なハードウェアが多く乱立する分散環境での運用が中心になっていった。しかし、管理対象が増えることで運用負荷が増大し、かつハードウェアの高性能化でリソースを十分に使い切れない状況が顕在化。そこで、リソースの使用率を高めていくために、あらためて仮想化技術が注目されることになる。

 現在では、サーバ仮想化やストレージ仮想化、ネットワーク仮想化、デスクトップ仮想化など、さまざまな領域でリソースを柔軟に活用するための仮想化技術が進化を続けている。どの領域についても共通しているのが、基本的にはハードウェアとソフトウェアの結び付きをなくし、柔軟なリソース活用が可能となっている点だ。

 ここで、それぞれの領域における仮想化技術を簡単に振り返ってみよう。仮想化というキーワードは同一ながら、それぞれ利用している技術や考え方が異なっている。共通しているのはプロファイル情報やソフトウェアを物理環境とは分けて考えていくことができるという点だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。