メディア
連載
» 2015年12月16日 10時00分 公開

M2Mプラットフォームの国際標準「oneM2M」とは?5分で分かる最新キーワード解説(2/3 ページ)

[土肥正弘,ドキュメント工房]

「oneM2M」の仕組みとは

M2Mの3階層 図1 M2Mの3階層(出典:NEC)

 M2Mシステムは上位に「アプリケーションレイヤー」、中間に「サービスレイヤー」、下位に「ネットワークレイヤー」の3階層で考えることができる。アプリケーションレイヤーはさまざまな目的に沿って構築され、必要なデータはネットワークレイヤーの各種デバイスから吸い上げられる。その中間で各種デバイスのデータ仕様の違いを吸収して間を取り持つのがサービスレイヤーで、oneM2M標準が規定するのはこのレイヤーで働くミドルウェア的なソフトウェアだ(図1)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。