メディア
特集
» 2015年12月22日 10時00分 公開

歴史で追う「IT資産管理ツール」、標的型攻撃やスマートデバイス管理にどう対応した?IT導入完全ガイド(3/3 ページ)

[土肥正弘,ドキュメント工房]
前のページへ 1|2|3       

スマートデバイス管理ツール(MDM)との連携

 クライアント端末としてスマートフォンやタブレットが利用されるケースが多くなっており、企業で業務利用を許可する場合には、MDM(Mobile Device Management)ツールの導入が必須だ。IT資産管理ツールはこの環境に対応し、MDMツールとの連携機能を標準的に備えるようになってきている。

 PCと同一画面に情報を集約することができ、リモートロックやワイプについては、IT資産管理ツールの操作画面から簡単に行えるようにしたツールもある。外出時に携行するスマートデバイスのためにはクラウド上の専用資産管理ツール(MDM機能あり)を利用し、社内のIT資産管理ツールとクラウド上のサービスを連携させる環境で、統合的な管理を実現できる製品もある(図6)。

MDM連携 図6 スマートデバイス用のクラウドサービスと社内のIT資産管理ツールとの連携のイメージ(出典:エムオーテックス)

 スマートデバイスのVPNの一括設定、アプリの起動制御、公衆無線LANからの接続禁止、セキュリティ診断、活用分析などの機能も利用可能な場合があり、セキュリティポリシーの徹底と利用状況の監視に役立つ。MDM専用ツールとは観点が違う管理ができ、一部、管理操作を統合できるところが強みだ。

スマートデバイスの管理機能の例 資産管理。端末の資産情報を自動で収集し、iOS/Android/Windowsの混在環境や、複雑なOSバージョン管理の手間を削減できる。(出典:エムオーテックス)
スマートデバイスの管理機能の例 位置情報管理。最新の位置情報を地図上に表示し、複数端末の所在を一目で把握できる。また、移動履歴を記録し、行動管理や紛失や盗難時の発見に役立つ。(出典:エムオーテックス)
スマートデバイスの管理機能の例 セキュリティ対策。万が一の際にリモートで端末の画面ロックやワイプ(初期化)を実行できる。また、パスワードポリシーの一括適用もできる。(出典:エムオーテックス)
スマートデバイスの管理機能の例 活用分析。Android端末のアプリ活用状況をゲーム、ビジネスなど7 つのカテゴリに自動分類し、全社、部署ごとの活用傾向を把握できる。(出典:エムオーテックス)
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。