調査リポート
» 2016年03月22日 10時00分 公開

「ストレージソフトウェア」シェア(2015年上半期)シェア情報アーカイブ

2015年上半期は上位3社の顔触れは前年同期と変化がないものの3社合計のシェアが上昇する同市場。占有率1位を獲得したベンダーは?

[キーマンズネット]

 IDC Japanの調べによれば、国内ストレージソフトウェア市場の2015年上半期(1〜6月)の、ベンダー別の市場占有率(売上額ベース)は、第1位のベンダーが19.9%、2位が12.6%、3位が11.6%で、上位3社の顔ぶれは前年同期と変化がないものの、3社合計のシェアは上昇している。続いて、4位は9.8%、5位は9.4%であった。

ストレージソフトウェア (出典:IDC Japan)

 当該市場ではストレージ運用の効率化ニーズが高まり、先進的な機能が普及しつつある状況にあるにもかかわらず、各ベンダーの売上増のペースにはばらつきがあるという。

 同社の分析によると、データ保護やリカバリーソフトウェアを中心にしたISV(Independent Software Vendor)製品は堅調な成長を続けているものの、ストレージシステムにバンドルされる管理系のソフトウェアに関しては、製品市場が成熟するに従って付加価値の訴求が難しくなっていて、売上に影響が出ているとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。