特集
» 2016年03月29日 10時00分 公開

これが最前線の現場だ、ウェアラブルデバイス活用事例3選IT導入完全ガイド(3/4 ページ)

[小林誠,キーマンズネット]

好きなデバイスと組み合わせられるシステム、NTTデータの事例

 最後に紹介するのがNTTデータだ。同社の場合、ウェアラブルデバイスを提供しているわけではなく、既存のウェアラブルデバイスと組み合わせることができる「遠隔作業支援システム」の研究開発を行っている。既に提供されているわけではないが、社内では保守運用業務への導入が始まっており、編集部が実際に体験させてもらったが完成度は高い。

 システムは、作業員が装着する任意のウェアラブルデバイスに、管理者側のPC、遠隔作業支援サーバ、ストリーミング中継サーバで構成され、その点はインフラシステム社、富士通が想定しているシステムと大きな違いはない。ただしNTTデータのシステムの場合、既に述べた通り、ウェアラブルデバイスは顧客が自由に選ぶことができる。

 これらウェアラブルデバイスは、カメラを使ったリアルタイムの相互通信、音声コントロールやジェスチャーコントロール(首振り)、ジャイロマウス(頭の傾き)によるハンズフリー操作に対応し、デバイスを開発したベンダーのシステムでなくとも快適な操作が可能になる。

 ただしデバイスに合わせてのチューニングは必須だ。特にセンサーの感度、カメラの性能、ディスプレイの大きさは各デバイスで違うため検証が必要。現在このシステムではAndroid搭載の7機種を試しているとのこと。

 必ずしもウェアラブルデバイスである必要もなく、代わりにスマートフォンやタブレットを使うことも可能だ。連携させるデバイスを問わないため、複数のデバイスを用いたい(試したい)企業や、今後しばらくは新旧の環境が入り交じるウェアラブルデバイスの普及過渡期に柔軟に対応できそうだ。

ハンズフリー対応のユーザーインタフェース 図7 両手を使わずとも操作できるハンズフリー対応のユーザーインタフェース。NTTデータのシステムなら異なるデバイスでも同じハンズフリー操作ができる。初期状態ではデバイスによって操作が異なっていたとしても、このシステムを導入すれば問題ない。現場の作業員も操作方法を覚えやすいだろう(出典:NTTデータ)
作業環境や作業者の業務に応じてスマートデバイスおよびウェアラブルデバイスを選択可能 図8 作業環境や作業者の業務に応じてスマートデバイスおよびウェアラブルデバイスを選択可能 ※対応するデバイスはAndroidがベースのものに限る(出典:NTTデータ)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。