メディア
特集
» 2017年07月10日 10時00分 公開

Office 365のAIをどう活用する? 進化するグループウェアIT導入完全ガイド(2/3 ページ)

[小池晃臣タマク]

社内の人気ドキュメントを提示、自分の仕事の参考にできる「Office Delve」

 Office 365が備えるもう1つのAI活用機能がOffice Delve(以下、Delve)である。英語のDelveには「探究する、詮索する」という意味があり、このツールもOffice 365のプロファイルを管理し、Office 365全体で現在最も興味のある情報を探したり、整理したりといった機能を提供する。

 具体的には、Office 365上に登録されているドキュメントの中から、社内でよく参考にされているもの、自分に関係の深そうなものをサジェストする。これらは自身にアクセス権があるドキュメントのみであり、他のユーザーに非公開となっているものは表示されない。

 Delveでは、他のユーザー名や画像をクリックすることで、作業中のドキュメントを表示したり、そのユーザーに関する情報を確認したりできる。興味のあるドキュメントを見つけたら、お気に入りとして追加するかボードに追加しておけば、後からすぐにアクセスして参考にできる。

 このように、他のユーザーが共有したり参照したりしたドキュメントをDelveが分析し、学習することで、ユーザーごとに興味を抱きそうなドキュメントがDelveのトップページに表示されるようになる。

 Delveをうまく活用することで、社内の他の人や組織の仕事をより深く知り、そのナレッジやノウハウを自分達の仕事にも生かせるようになるだろう。

図2 「Office Delve」ではこのように他のユーザーの作成したドキュメントがお薦めされる 図2 「Office Delve」ではこのように他のユーザーの作成したドキュメントがお薦めされる(出典:内田洋行)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。