メディア
ニュース
» 2017年11月10日 10時00分 公開

“普通の会社”にAmazon級のデータ駆動ビジネス基盤は作れるか?(2/3 ページ)

[原田美穂,キーマンズネット]

ビジネス部門の課題は「誰がいつ作ったデータを見ているかが謎」ということ

 SAPジャパンプラットフォーム事業本部 SAP HANA CoE シニアディレクター 椛田后一氏は「現在のビッグデータプラットフォームユーザーの課題は3つある」とし、SAP Data Hubをそれら課題の解決策として位置付けた。

%メンバー

 課題とは、第1にビジネス部門ではエンタープライズデータのように統合アクセスができないこと。第2にビジネス部門は他部門それぞれから個別にデータを取得しているため、いつ誰がどう加工したデータを見ているかを把握できず、データガバナンスが不十分であること。第3に加工や集計処理のプログラムがその場限りのものとして個別に開発され、管理できていないことだ。

ビジネス部門が見るデータに潜む不確かさ ビジネス部門が見るデータに潜む不確かさ,ビジネス部門が見るデータに潜む不確かさ 部門や目的ごとに別のデータ基盤を参照している場合、いつ誰がどのような手法で生成したデータを元にしているのかまで追跡することは難しい
ビッグデータ基盤側のデータを加工して既存データウェアハウスに渡す ビッグデータ基盤側のデータを加工して既存データウェアハウスに渡す
既存システムとビッグデータ基盤のデータを掛け合わせて分析したデータを参照できる 既存システムとビッグデータ基盤のデータを掛け合わせて分析したデータを参照できる
データパイプラインとその管理はSAP Data Hubが担う データパイプラインとその管理はSAP Data Hubが担う
基本的なシステム構成例 基本的なシステム構成例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。