メディア
特集
» 2018年01月24日 10時00分 公開

帝人フロンティアのRPA挑戦と繊維業にもたらす革新

[RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

数度の組織再編を経て、商社・メーカーの機能を併せ持つ繊維業界で唯一の企業となった帝人フロンティア株式会社(大阪市北区)。同社では、業務効率向上による収益体質の強化を図るために、既存の業務内容や業務フローの抜本的な見直しを図る「BPR(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング)」に取り組んでおり、2017年6月に、その一環として、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)のソフトウェアを導入。定型的なバックオフィス業務の効率化で急速に実績を挙げている。現在ロボットが担う業務の内容や導入の経緯、ロボット化がもたらした社内へのインパクトなどを取材した。

紙ベースの入金処理業務を86%削減するRPAの威力

「当社の源流は、明治時代から続く繊維商社。毎月の入金業務では、EDI(電子データ交換)の対象となっていない紙ベースの事務作業が多く残っています。従来、取引先から返送されてきた支払明細書をもとに基幹システム上の売掛金データを消し込む作業には全社で月260時間を費やしてきましたが、OCR(光学文字認識)とRPAの導入によって月35時間まで短縮。86%の削減を実現できる見通しです」。そう説明するのは、今回RPA導入プロジェクトを統括する帝人フロンティアの池田正宏財経本部長だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。