メディア
ニュース
» 2018年08月01日 10時00分 公開

パスワード依存の危険性、何もしないと半年後には倒産か?イベントレポートアーカイブ(3/3 ページ)

[岡垣智之,キーマンズネット]
前のページへ 1|2|3       

「赤い箱」に変えていきたい――新代表、谷口氏の意気込み

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン 谷口忠彦氏 ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン 谷口忠彦氏

 今回の記者発表会では、最新の脅威動向および製品展開と併せて、2018年6月16日付でウォッチガード・テクノロジー・ジャパンの代表執行役員社長に谷口忠彦氏が就任したと発表された。

谷口氏は、日本での市場戦略としてパートナーとの連携強化を挙げた。「パートナーとより強い関係性を築くことで、フォーティネットやパロアルトネットワークスといった多くのサポート要員を抱える企業に負けないサポート力を備えたい。また、販売パートナープログラム『WatchGuard ONE』を強化し、パートナーがより販売しやすい体制を作り上げていこうと思う。パートナーとの関係性を強め、他社製品から『赤い箱(赤をプロダクトカラーとするウォッチガードの製品を示す)』に置き換えていきたい」と国内市場の拡大に意気込む。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。