メディア
特集
» 2018年12月10日 10時00分 公開

RPA本格展開でつまずかないために。知っておきたい3つのポイント――導入担当者にTISが伝えたいこと【前編】

[相馬大輔,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

テスト導入したRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)で一定の成果を上げたまではよいものの、対象業務を拡大させ、さらに全社へ広げるためにどうすればよいか、突破口を探る担当者は決して少なくないようだ。

RPABANKが2018年6月、会員企業720社を対象に実施したアンケート調査によると、本格展開させる上での課題として最も多く挙げられたのは「開発者不足・開発スキル不足」(34%)。これに次ぐ「運用・統制ルールの未整備」(21%)と合わせて全体の過半数を占めている。

もっとも、単に優秀な開発者をそろえてルールをつくれば、おのずと普及するわけでもない。RPAの基礎的なコンセプトを提唱したロンドン・スクール・オブ・エコノミクスのレスリー・ウィルコックス教授が指摘するとおり、RPAの全社展開とは紛れもなく「事業活動に属するテーマ」。ロボット化を通じて業務をどうデザインしていくべきか、導入推進担当者が正しい理解と確かな指針を持っておくことは必須条件といえるだろう。

本記事では、RPA導入支援を2016年に開始し、50社以上の実績を持つTIS株式会社(東京都新宿区)への取材で見えた、本格展開を軌道に乗せるための勘どころをピックアップ。ツール選定や導入効果の考え方、導入拡大の起爆剤、そして取り組みを確かなものにする社内体制の築き方などについて、前後編の構成でそれぞれ3つのポイントを紹介する。

■記事内目次

前編のポイント

ポイント1:本格展開でつまずくのは、RPAツールのせいではない

ポイント2:本格展開を軌道に乗せる起爆剤

ポイント3:本格展開を強固なものにする「経営」「現場」「IT」のスクラム体制の重要性


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。