メディア
特集
» 2018年12月25日 10時00分 公開

情シス視点から見たロボット管理で押さえておきたい3つのポイント――BTC湯川氏が語る

[相馬大輔,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

IT製品情報サイトのキーマンズネットが2018年8月、企業の情報システム部門担当者らを対象に実施した「RPA導入に関する意識調査」によると、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を既に導入済みか、導入への具体的な計画や調査を進めているのは、全体(有効回答数:230件)の34.7%。取り組みの前段階で「興味がある」「どういうものか知っている」「名前は聞いたことがある」という回答を合わせると92.1%に達し、高い関心が明らかとなっている。

同調査で、導入企業と検討中企業に「RPAの具体的な導入を検討する際に障壁となるもの」を尋ねた設問(複数回答)では、費用面と並んで「ロボットの作成スキルがない」「作成したロボットの管理が煩雑」との回答が、ともに約4割を占めている。RPAじたいの技術知識と同等以上に「ロボットを実務にどう落とし込み、運用をいかに軌道へ乗せるか」という実践的な知見が求められているといえそうだ。

【RPAの具体的な導入を検討する際に障壁となるもの】

  • ロボットの作成スキルがない
  • 作成したロボットの管理が煩雑

こうした「情シス視点からみたRPA導入」に通じているのが、システムインテグレーター勤務とパッケージソフト開発を経て、現在RPA導入支援を手がける湯川政延氏(株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング執行役員)だ。

本記事では、2018年11月22日に東京で開催された「RPA DIGITAL WORLD 2018〜Digital Robot CAMP in お台場」にて、RPAの導入プロセスとツール選定方法について解説した同氏の講演からダイジェストを紹介する。

■記事内目次

  • 1)いきなり「100%」のロボット作成を狙わないこと
  • 2)社内外の「役割分担」を導入前に明確化すること
  • 3)「RPA内製化」を望む企業のツール選定で大切なこと

いきなり「100%」のロボット作成を狙わないことが大切

「ERP(基幹システム)パッケージの元開発責任者として、ERPで難しかった細かい対応が可能なRPAに可能性を感じている」。そう自己紹介した湯川氏はこの日、RPA導入プロジェクトの特色を、システム開発プロジェクトと対比する形式で解説した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。