メディア
連載
» 2019年04月03日 11時40分 公開

「うちの事業所なら、紙のタイムカードでも十分」って、それ、本当に管理できていますか?(3/3 ページ)

[鈴木真一,ネオレックス]
前のページへ 1|2|3       

タイムカード式から勤怠管理システムに移行するには、いくら必要?

 ここまで見てきたように、勤怠管理システムのメリットは「勤怠管理の効率化」を超えた広がりがあります。集計や計算で疲弊する従業員がいるようならば、彼らの働き方改革としても有効でしょう。業務の省力化・円滑化が進むだけでなく、心身ともに余裕ができれば、人材の採用や育成を含め、人事、総務、経営がやるべき仕事に注力できるようになります。

 「システム」というと、高価だったり、PCの利用スキルが必要だったりするのではないかと不安に思われる方もいらっしゃるでしょう。過去、勤怠管理システムは高額なものや、コンピュータの知識がないと扱いにくいものが多くありましたが、今は低価格かつ品質の高い製品が多数世に出ています。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。