メディア
連載
» 2019年04月03日 11時40分 公開

「うちの事業所なら、紙のタイムカードでも十分」って、それ、本当に管理できていますか?(2/3 ページ)

[鈴木真一,ネオレックス]

紙のタイムカードが「できているようでできていなかったこと」

 現段階でそれなりにできている勤怠管理をどうして見直す必要があるのでしょうか。 その答えは「今の勤怠管理は“本当はできるのにしていなかったこと”がたくさんあるから」です。次の4項目は、紙のタイムカードを運用している時にできていないことの代表的なものといえるでしょう。

 これらは今まではある程度許容されてきたものもありますが、今後、事業者側は勤怠状況の把握を含め、より厳密な管理が求められます。今まで通りの運用で「何かがあったとき」に事業者は従来以上に大きな責任を負うことを忘れないでおきましょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。