コラム
» 2019年08月09日 10時00分 公開

セゾン情報システムズによるRPAサービスの特徴や事例を徹底解説!

[RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

RPAの導入で、自社の既存システムや使用しているアプリケーションとのデータ連携がうまくいかないということはないだろうか。そのため、「RPA導入に失敗したくない」「RPAで自動化する範囲を広げていきたい」というような悩みや課題を抱えてはいないだろうか。

こうした悩みや課題を解決してくれるのが「株式会社セゾン情報システムズ」だ。セゾン情報システムズは、自社開発のデータ連携ソフト「DataSpider Servista(データスパイダー・サービスタ)」と、RPAやAI(人工知能)、そしてブロックチェーンといった最先端のテクノロジーを連携させることで、ワークフロー全体を効率化するソリューションを提供している。さらに、「DataSpider Servista」のみで業務自動化を実現することも可能だ。セゾン情報システムズの提供するソリューションを詳しく見ていきたい。

■記事内目次

  • セゾン情報システムズによるRPAサービスとは
    • セゾン情報システムズが手掛ける3つのコース
  • セゾン情報システムズによる「RPAサービス」でできること・特徴
    • DataSpider Servistaとは
    • DataSpiderのクラウドサービスも登場
  • 未来を見据えたセゾン情報システムズ
    • 社内に研究組織「DX Initiative」を開設
  • ワークフロー全体を効率化するセゾン情報システムズのRPAサービス

セゾン情報システムズによるRPAサービスとは

セゾン情報システムズの提供する業務自動化ソリューションは、単にRPAツールを提供するのではなくシステム同士のデータを直接つなぐことにより業務を自動化するというソリューションです。一度組んだ仕組みはデスクトップ上で運用するわけでは無く、サーバー同士でデータ連携されるため失敗がなく確実です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。