特集
» 2019年12月18日 10時00分 公開

「現場から勝手に良くなる」は危険──RPAの老舗 Blue Prismのエバンジェリストが指摘する、「日本型RPA」の問題点

[加藤学宏,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

「現場から勝手に良くなる」は危険――RPAの老舗 Blue Prismのエバンジェリストが指摘する、「日本型RPA」の問題点

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)のベンダーや識者たちは、立場や思想は異なるものの、日本企業、ひいては労働人口減少に悩む日本のために貢献したいと共通の考えを持ち、積極的に導入を後押ししてきた。

だが、昨年後半から導入効果が踊り場にさしかかったようだ。ガートナーが2019年10月に発表した「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル」では「幻滅期」に入っている。またキーマンズネットが実施した実態調査では、導入した企業の約8割は「業務削減効果が30%以下」にとどまっているとの認識を示したことからも、思惑通りの効果が得られていないことが推測される。

実際に「RPAを導入したものの、期待していたような効果が得られていない」と失望するマネジメント層の声が増えているようだ。そう明かしてくれた一人が、Blue Prism株式会社でエバンジェリストとして活動する市川義規氏だ。

「様々な思想があっていい。だが “日本型RPA”で一定以上の成果につながっていない企業が少なくないことは事実。このまま続けていたのでは、RPAは一過性のブームで終わってしまうのではないかと懸念している。“RPA”という言葉を世に送り出したBlue Prismの思想をお伝えしたい」

さまざまなユーザーや他のベンダーと接するなかで見えてきた、市川氏が考える日本型RPAの問題点について聞いた。

■記事内目次

  • 「日本のRPAの世論を変えたい」
  • 時間削減は途中経過。「本来実現すべき効果は何か」を見誤ってはいけない
  • 「現場から勝手に良くなる」と誤解するマネジメント層に提言したい
  • 「苦くないが効かない薬」に加工して飲ませた売り手にも責任

「日本のRPAの世論を変えたい」

−海外のIT業界では10年以上前から耳にする「エバンジェリスト」という肩書き、日本でもここ数年、増えてきているように感じます。ただ、RPAの業界では聞き慣れません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。