特集
» 2021年08月19日 10時00分 公開

クラウド破産はなぜ起こる? クラウド利用料、課金トラブルの回避策

パブリッククラウドサービスの利用時に、想定以上の高額な料金を請求される「クラウド破産」。理由と対策を紹介する。

[Users Digital]

本記事は2021年5月17日の「Users Digital」掲載記事をキーマンズネット編集部が一部編集の上、転載したものです。

 「クラウド破産」という言葉をご存じでしょうか。インパクトが強い言葉です。2021年現在、AWSやAzure、GCPなど、パブリッククラウドが広く使われるようになり、身近なものになりました。本番環境、つまり商用利用が一般的ですが、エンジニアであれば、自己学習のため、検証目的で利用するケースも多いのではないでしょうか。

 本稿では、パブリッククラウドを利用する中で誰でも一度は遭遇したであろう、利用料金に関するトラブルにフォーカスしたいと思います。

 課金対象となるリソースの削除忘れで課金されてしまった、想定していたよりも課金額が大きかった、最悪のケースだとセキュリティ情報の流出などの被害により高額課金されたなど、利用料金に関するトラブルはさまざまです。

 ちょっとしたミスが重なると、数十万、数百万円という巨額な金額を請求されることもあり得ます。クラウド破産という言葉があるほどですから。

 パブリッククラウド市場で大きなシェアを占める「Amazon Web Services」(以下、AWS)に注目して、トラブルを事前に防ぐため、または発生してしまった際の被害を小さくするための施策をご紹介します。

クラウド破産とは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。