ニュース
» 2021年09月07日 09時15分 公開

「PC」シェア(2021年第2四半期)

今なお話題なのが、新プロセッサを搭載した新型モデルを発売したあのベンダー。2021年前期と比較して出荷台数ベースの市場占有率はどう変化したのか。

[キーマンズネット]

 IDC Japanは、「日本国内におけるトラディショナルPC市場出荷実績値」を発表した。国内トラディショナルPC市場の出荷台数は、2021年第2四半期(4月〜6月)で328万台、前年同期比は17.3%減となった。

あの新チップ搭載モデルはPC市場シェアに変化を与えたか

 2021年第2四半期の国内トラディショナルPC市場は、1年ぶりに前年同期比でマイナス成長に転じた。GIGAスクール構想や、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応で在宅勤務やオンライン学習などが拡大したことによりノートPC需要が伸長したが、それらの需要が一段落したこと、またCPUやディスプレイ、ICチップなどの部材不足によって需要の一部を逃したことなどが背景にあると考えられる。

 法人市場では、デスクトップPCからノートPCへのシフトが進み、デスクトップPCは「Windows 10」への移行が落ち着いた2020年第1四半期からマイナス成長が続いている。当該四半期はノートPCがスローダウンしたことによって法人市場全体で前年同期比で二桁減となった。

 家庭市場はWindows 10への移行やCOVID-19感染症対策、GIGAスクール構想などの波及効果がドライバーとなって2018年第4四半期から前年同期比でプラス成長が続いたが、これらの需要が落ち着いたことから当該四半期はマイナスへと転じた。部材不足によってニーズのあるモデルを供給できなかったことも原因と考えられる。

 2021年第2四半期のカンパニー別(企業ないし企業グループ)の出荷台数シェア上位5社は、1位のベンダーが36.8%、2位は16.0%、3位は14.1%、4位が8.6%、そして5位は7.3%となった。

出荷台数シェア上位5社(出典:IDC Japanの調査レポート)

 前年同期比でみると、増加したのは新型モデルが好調な4位のベンダーのみで、1位、2位、3位のベンダーは20%以上落ち込んだ。GIGAスクール構想の対象が小中学校から高校に移行したことに伴う需要規模の減少や、部材不足によって需要をタイムリーに取り込めなかったことが影響していると考えられる。

 IDC Japanの市川和子氏(PC、携帯端末&クライアントソリューション グループマネージャー)は「トラディショナルPC市場の刺激材料となるのは『Windows 11』だが、どれほどのアップリフト効果があるかについては慎重に見極めたい」とコメントする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。