ニュース
» 2021年10月15日 07時00分 公開

シンギュラリティとは? 定義やAIとの関係、歴史的背景を解説IT用語3分リーディング

シンギュラリティは2045年に訪れるとされる。「AIが人間を超える」「人間の仕事が奪われる」などの声もあるが、企業のビジネス環境の変化は既に始まっている。

[キーマンズネット]

サマリー

  • ムーアの法則との関係、定義と歴史的背景
  • シンギュラリティの課題と現実のビジネスへの影響
  • 関連用語

 シンギュラリティ(Singularity:技術的特異点)とは、AI(人工知能)の性能が人類の知能を越えること、またはそのタイミングを指す。

 米国の人工知能研究者レイ・カーツワイル氏らが述べた未来予測の中で提唱された概念で、2045年頃に訪れるとされている。シンギュラリティによって従来人間にしかできないとされてきた知的活動の一部がAIで代替可能になり、それによって社会構造が大きく変化するとされる。

ムーアの法則との関係、定義と歴史的背景

 カーツワイル氏はシンギュラリティを「1000ドルで手に入るコンピュータの性能」で表現した。2017年の時点では「ネズミの脳程度」であったが2025年には人間一人の脳に並び、2045には全人類の脳の計算性能を上回る」と述べ、2045年前後にコンピュータが人間の脳を超えると予測した。

 シンギュラリティの予測の根拠とされるのが「ムーアの法則」と「収穫加速の法則」だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。