メディア
ニュース
» 2021年12月08日 07時00分 公開

身体がインターネットにつながる「IoB」ってどういうもの?

IoB(Internet of Bodies)を聞いたことがあるだろうか。IoT、IoE、IoH、IoX……よく似たキーワードが続々登場している中で、今回は一部産業で応用が進むIoBを解説する。工場や建築現場など多様な環境で働く人の安心、安全を確保するこの技術の現在地とは。

[土肥正弘,キーマンズネット]

「IoB(Internet of Bodies)」とは?

 人の周囲にある「モノ」から取得可能なデータを、インターネットを介して収集、集約して活用する技術が「IoT(Internet of Things)」だが、「IoB(Internet of Bodies)」は人の身体から得られるデータ、あるいは人が置かれている環境から得られるデータを、インターネットを介して収集、集約して活用する技術のことだ。産業用途で「IoT」の一部であるこのIoBは、工場や建築現場、オフィス、店舗などで人がより安心、安全に働くことができる環境づくりや労務管理するための技術となる。

 なお、IoBという言葉は「Internet of Behaviors」(振る舞いのインターネット)として発表している調査会社もあり、その中では顔認識や位置情報の追跡、ビッグデータなど個人に焦点を絞ったテクノロジーを組み合わせ、結果として生じたデータを関連する人の振る舞い (現金での購入、デバイスの使用など)に結び付けるものと説明している。本記事が対象とするIoBとは少々異なる部分を含んでいるものの、人の振る舞いには身体の状況や健康状態、活動場所や環境状態も大きく影響する。「Bodies」のデータは「Behaviors」を左右する要素であり、Internet of Bodiesは最終的に人の行動(振る舞い)や環境の安全性を高めることに役立つため、強い関連性があると言えるだろう。

 冒頭の意味でのIoBの身近な例を挙げれば、個人向けのウェアラブルデバイス(リストバンドタイプや腕時計タイプなどの活動量計)から取得できる身体情報を利用して、健康管理やダイエットなどのヘルスケアに役立てるといったものだ。こうしたデバイスでは、歩行数や活動量を加速度計で計測して消費カロリー計算や体脂肪量推計ができるほか、睡眠時間と睡眠の質、心拍数、血中酸素濃度、血圧の計測、それらデータを基にした心肺機能の推計までも可能になっている。そして、端末内での処理と連動して、データを基にした計算処理や健康状態の推測、データの記録やグラフ化処理などはインターネット越しのクラウドサービスが担うことになる。

 また、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」も一種の「IoB」と言えるだろう。これは保健所の感染者情報管理システムと厚生労働省の通知サーバをユーザーのアプリと接続し、陽性者(が持つ同アプリ)との接近をBluetooth通信で検知して、その事実や受診案内をユーザーに知らせる仕組みだ。

実際にどう使われている? IoB、6つの活用事例

 上述の例は、個人が個人の身体情報や行動情報を利用するものだが、産業分野では職場での危険を回避したり予防策を講じたりするために、労働者の身体情報や位置、行動情報を役立てようとしている。例えば日本IBMはこうしたIoBソリューションを法人向けに提供している(以下は日本IBM資料を参考)。以下、6つの活用例を紹介したい。

図1 「IoB」システムの例:IBMのMaximo Saftyシステム概要(出典:日本IBM提供の資料)

作業中の熱中症、高温ストレスの防止

 働く環境の温度や気象データ、労働者の体温や発汗などの身体状態データを利用して熱中症の可能性を推定し、警告や作業場所の移動指示、休息指示などに役立てる。例えば作業現場で作業者が高温にさらされることがある鉄鋼メーカーは、温度/湿度データの組み合わせにより作業者のストレス状況を推測し可視化するとともに、心拍データなどから働き過ぎの状態(事故につながりやすい状態)を検知し、休息を促すシステムを構築している。

図2 鉄鋼メーカーでの高温ストレス、過労状態の検知と予防のための「IoB」活用例(出典:日本IBM提供の資料)

高所作業現場での転落防止

 工事現場などで、高所からの転落事故を予防するには、危険な場所に近づかないこと、万全な健康状態にしてふらつきや判断ミスを極力少なくすることが必要だ。日常的に作業者健康状態をモニターすることで、高所作業前に不適切な身体状態(異常がある)の人を検知して高所作業のシフトから外す、リアルタイムに身体異常をモニターして適時に警告、指示を行うといった対策が可能になる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。