ニュース
» 2022年01月07日 13時00分 公開

テレワークでも組織力と生産性を向上させる方法 人事視点で考察

2022年も引き続きコロナ禍の影響によるテレワークの継続が予想される。テレワークでも生産性を向上させるには、ITツールの力だけでなく働き方に最適化した人事施策も必要だ。

[キーマンズネット]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止策としてテレワークの導入が一気に進み、組織の形態や従業員の働き方は大きく変化した。どのような環境や働き方であっても、人的リソースを最大限に生かし組織のパフォーマンスを最大化するには、ITの力だけでなく人事施策の見直しも必要だ。企業規模や業界を問わず組織は今、人事施策の改善にどう取り組むべきかの岐路に立たされている。

 本ブックレット(23ページ、PDF)では、企業アンケートによる調査結果や取り組みの事例を基に、コロナ禍でも組織力と従業員の生産力を高める方法を紹介する。


  • 従業員の時間と生産性を奪う"やってはいけない"あの行動とは
  • 現場作業を伴う業務でもテレワークシフトを進めるには?
  • 3年間で同業他社の2倍以上の財務実績を生み出した企業の取り組み

ブックレットのダウンロードはこちらから

 本ブックレットは、キーマンズネットで掲載した解説記事を基に制作しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。