メディア
ニュース
» 2022年01月20日 07時00分 公開

業務委託のIT人材需要、2021年は対前年比5割増

システム開発需要の拡大から特に医療・バイオやEC関連の案件が増加し、業務委託を募った企業数は対前年比約5割増となった。

[キーマンズネット]

 レバテックは2022年1月18日、「2021年の企業の業務委託IT人材活用動向」を発表した。同社が運営するフリーランスITエンジニア向け案件紹介サービスで2021年に業務委託のIT人材を募った企業の傾向を分析した。

業務委託案件、企業の設立年数を問わず増加傾向へ

 業務委託案件を出した企業の対前年増加率は、2020年が約1割増だったのに対して、2021年は約5割増となった。レバテックは、新型コロナウイルス感染症が落ち着きを見せたことや、システム開発需要が拡大したことが要因だと推測する。

業務委託案件を出した企業数推移(出典:プレスリリース)
業界ごとの需要昨対比と背景(出典:プレスリリース)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。