メディア
ニュース
» 2022年03月11日 09時30分 公開

リスキリングとは? 注目の背景やリカレント教育との違い、何を学ぶか、事例を解説

変化の速い時代において、既存の人材の再教育が注目される。企業文化を守り、自社の強みを生かしたままビジネスニーズや社会の変化に対応できる人材を育てる仕組みとは。

[キーマンズネット]

サマリー

  • 注目の背景、リカレント教育との違い
  • 企業がリスキリングに取り組むメリット
  • リスキリングの事例4社

 リスキリングとは「学び直し」を意味し、社会人が就業を続けながら新たなスキルや知識を得る取り組みを指す。

 2020年1月に開催された世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)において2030年までに10億人のリスキルが提唱され(リスキリング革命)、世界的にも注目を集める。

注目の背景、リカレント教育との違い

 リスキリングが注目される背景には「技術的失業」への懸念がある。経済産業省や厚生労働省などの研究によれば、近年のデジタル技術の急速な発展によってバックオフィス業務やルーティン業務、ホワイトカラーの仕事が消失する。経済産業省は2017年に発表した「放置シナリオ」において、2030年までに日本産業は海外企業の下請けに陥り付加価値は海外に流出、国内産業が停滞して成長性の低い低賃金な社会になると予想している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。