メディア
ニュース
» 2022年04月04日 07時00分 公開

コロナ禍でますます燃えるオフィスラブ 社内恋愛の実態調査

新しい働き方の定着が進む中で、心身の不調や心配事について相談する機会が減ったり退職を考えたりする従業員が増えている。一方で社内恋愛はコロナ禍においても廃れない。ただし企業は、役職者の社内恋愛に厳しい目を向け始めている。

[Ryan Golden,HR Dive]
HR Dive

 従業員が転職を考える大きな理由に「オフィスでの人間関係」がある。仕事内容や給与に不満がなくとも、人間関係が悪ければ健康的に働くのは不可能だからだ。

 コロナ禍をきっかけにテレワークに移行した企業では、同僚と対面する機会が減って対人関係のトラブルが起きにくくなっているのか? ……残念ながらそうではないらしい。ある調査によればテレワーカーがハラスメントなどから受けるストレスは増加しており、テレワークをきっかけに退職を考えたことがある従業員は3分の1に上る(注1)。

 一方で「社内恋愛」はまだまだ廃れていない様子だ。トラブルが見えにくくなり、個々人がストレスを抱えやすくなる中、社内恋愛で起きるさらなる問題に、企業はどう向き合っているのか。不誠実な交際から処分を受けた例もあり、コロナ禍によって発生したモラルの崩壊に注目が集まる。

テレワークで増えるストレスと社内恋愛、4人に1人は「秘密の関係」

 これまでオフィスでの人間関係は職場にとって厄介な問題だったが、パンデミックによって新たな側面が加わった。その一つが、オフィスなどの物理的な空間と仕事が分離したことによる「文化的規範」の崩れだ。

© Industry Dive. All rights reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。