メディア
ニュース
» 2022年04月07日 10時00分 公開

Microsoft Excelの利用状況(2022年)

Excelは「ほぼ100%」の利用率を誇り、満足度も「まあまあ高い」一方で、依存状態から脱却した例も目立つ。キーマンズネット読者へのアンケート結果から、Excelとの「付き合い方」を企業が模索している様子が見えた。

[ITmedia]

 キーマンズネットは2022年3月11日〜18日にわたり「Excelの利用状況(2022年)」に関する調査を実施した。企業におけるMicrosoft Excel(以下Excel)の導入状況や満足度、利用用途などを調査したところ、圧倒的な普及率を誇る一方で便利すぎるがゆえの課題に悩む企業の存在も明らかになった。

ほぼ全ての企業が使う「神ツール」、ただしバージョンは入り乱れる

 まず、現在の勤め先でExcelを利用しているかを調査したところ「利用している」と回答した割合は98.6%だった。ほぼ全ての企業がExcelを利用しており、満足度も「とても満足」と「まあ満足」を合わせると88.1%に上る。

Excelの利用状況と満足度

 次に、利用しているExcelのバージョンを複数回答で聞いたところ、さまざまな回答が集まった。1社内で複数のバージョンが併用されているケースも珍しくない。

 Microsoftは近年、Excelを含む同社のオフィススイート製品群をサブスクリプションで提供する「Microsoft 365」(以下、M365)を主力製品とする。Excelはもちろん「Microsoft Word」「Microsoft Teams」「SharePoint」などを無制限に使える上、各機能の連携に強みを持つ。ただし、実態としての利用率は下図の通りとなった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。