メディア
ニュース
» 2022年04月28日 07時00分 公開

「Microsoft 365」と「Google Workspace」の利用状況(2022年)/後編

SaaS型オフィススイートのデファクトスタンダードとも言える「Microsoft 365」と「Google Workspace」。後編では、ユーザーが両ツールに望むことや、両サービスに含まれるツールの活用法について聞いた。

[キーマンズネット]

 キーマンズネットが実施したアンケート調査「Microsoft 365とGoogle Workspaceの利用状況」(実施期間:2022年3月18日〜4月8日)を基に、両ツールの利用傾向とユーザーが抱く不満、課題を明らかにする当企画。

 前編では、さまざまな業務アプリがSaaS(Software as a Service)シフトし、ワークシフトの潮流も高まってか「Microsoft 365」や「Google Workspace」といったSaaS型のオフィススイートの利用率が増加傾向にあることに触れた。後編ではSaaS型オフィススイートの満足度と課題について、アンケート結果を基に考察する。

「明快なライセンスプラン」「他ツールとの互換性」を求める声

 まずMicrosoft 365/Office 365およびGoogle Workspaceの利用者にサービスの満足度を聞いた結果、「満足」と「まぁ満足」の合計値を見るとMicrosoft 365/Office 365では86.2%(図1)、Google Workspaceでは90.2%となり(図2)、両者とも9割に迫った。

図1 Microsoft 365/Office 365の満足度(n=289)
図2 Google Workspaceの満足度(n=61)

 ほぼ「満足」としているものの、回答者の約1割は何らかの不満を抱えている。不満の中身を明らかにするために、Microsoft 365/Office 365およびGoogle Workspaceへ求めることを自由記述形式で回答を募った。以下で、寄せられたコメントの一部を紹介する。なお、これらのコメントは個人の感想であり、全ての環境に当てはまるものではないことをあらかじめご承知いただきたい。

Microsoft 365に対する要望

 Microsoft 365ユーザーからは、ツールやサービスそのものに対する要望以外に、多機能が故に「利用できるツールが分からない」といった声や、ライセンスプランを明快にしてほしいなどの声が寄せられた。

ライセンス形態が複雑で分かりにくく感じます。


アップデートされるのはうれしいですが、頻度が高いため従業員などへの周知が大変だと感じています。告知文も英語の直訳文なので、きちんと日本語に訳したものを公開してもらえるとうれしいです。

(利用部門目線で)Office製品以外に「何が使えて、何が使えないのか」が利用者にも分かるようにしてほしいです。


「Microsoft Teams」でのチャットは(改行しようと思って)Enterキーを押すと送信される仕様なので、(誤投稿を防ぐためにも)改善されると助かります。

Google Workspaceに対する要望

 Google Workspaceユーザーからは、主にMicrosoft製品との互換性に関するコメントが多くを占めた。

(他オフィススイートと併用しているため)メールのみなどアプリ単位で契約できるようにしてほしいです。


「Excel」のマクロを簡単に取り込めるようにしてほしいです。


スプレッドシートとExcelの互換性をもっと高めてほしいです。


個人的に、一部ユーザーインタフェースが分かりにくいと感じるものがあるので、操作性がもっと上がることを願っています。


 Microsoft 365およびOfficeツールとGoogle Workspaceを併用するケースもある中で、両者の互換性を意識したツールおよびサービス設計が求められている様子だ。

Word、Excelだけじゃない わが社のM365、Google Workspaceの活用術

 オフィススイートには表計算や文書作成などの基本ツールに加えて、最近では簡易的なRPA(Robotic Process Automation)ツールや、ノーコード/ローコード開発ツールなど、オフィスソフトの域を超えたサービスやツールを提供するプランもある。

 しかし、前編で取り上げたMicrosoft 365の料金改定に対する改定反対派の意見を見ると、「全ての機能を使いこなせていないため、利用する機能を選択できる柔軟な料金形態にしてほしい」といった声が多数上がった。そこで、ユーザーはMicrosoft 365/Office 365とGoogle Workspaceの機能をどの範囲まで利用しているのかを探った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。