メディア
ニュース
» 2022年06月16日 07時00分 公開

「人生詰んだ……」キャリアに絶望する若手世代が抱く不安の正体とは?

「大学最終学期でも内定ゼロ」「心の健康を損なっても今の職場に居続けるべきか」将来やキャリアに関する苦悩が尽きない若手世代。彼らはなぜ現状を悲観し、絶望するのか。

[Caroline Colvin,HR Dive]
HR Dive

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックはわれわれの仕事と労働に大きな影響を与えた。Z世代を含む働く人々は、自分が仕事に何を求めているのかを考えなければならない。

自分のキャリアに希望を見いだせない若手世代の自問自答

 特にZ世代は追い詰められ、自身のキャリアに絶望感を抱いている。人材会社LHHが実施した調査によれば、回答者のうちZ世代の33%が「自身のキャリアはどうすることもできない」と感じていることが分かった。また、Z世代の半数以上が自分の仕事に対して「不安を感じている」と回答した(注1)。

 「今の自分にふさわしい昇給を得るにはどうしたらいいのか」「不採用になったらどうすればいいのか」「この不幸をもたらす職場を辞めるべきか」「メンタルヘルスが損なわれても給与に見合うだけの価値があるのか」「燃え尽き症候群とどう闘うべきか」「今の会社で別の仕事を探すべきか、それとも新しい分野に転向すべきか」。Z世代からミレニアル世代(1996年前後に生まれた世代)に当たる著者は、このように友人が自身のキャリアに対して大きな不安と問題を抱えているのを見てきた。

 一時的に仕事に満足している人はいても仕事にやりがいを感じている人はほとんどおらず、誰もが多くのストレス要因と格闘しているのが現状だ。著者の友人の一人は青少年団体および旅行代理店に勤務しているが、世界情勢が自身のキャリアに影響を与え、不安を感じているという。また、キャリア的に“遅咲き”と感じている友人は、25歳にして初めて福利厚生完備の職場で仕事を始めたばかりだが、深い孤独を感じているという。

© Industry Dive. All rights reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。