メディア
特集
» 2022年07月05日 09時00分 公開

花王DX事例 経費AIが年5万5000時間と約1.5億円を削減した道のりDX必勝の組織作り

花王は美容部員の通勤費、交通費精算を自動化するシステムを導入し、導入後約1年で5万5000時間と約1.5億円のコストを削減する見通しだ。プロジェクトの軌跡とシステム導入を必勝に導く組織作りについて聞いた。

[吉村哲樹,オフィスティーワイ]

 DX(デジタルトランスフォーメーション)を掲げてシステム導入を進めようにも、「上長が認めてくれない」「上長が判断できない」「提案がカニバル」といった問題によって取り組みが進まないことがよくある。必要に応じてベンダーと連携し、社内で情報を蓄積、共有しながらスピーディーにIT施策を打ち出すにはどうしたらよいのか。

 グループ企業を多数抱える花王は、長年にわたりこの問題に取り組んできた。同社はDXを、顧客体験を向上させるための「Externa DX」と、働き方を改革するための「Internal DX」の2通りに定義し、一気通貫で推進する体制を構築して次々とIT施策を打ち出している。

 その一つが、AI(人工知能)を使った通勤費・交通費の自動精算システムだ。花王のあるグループ企業には約6000人の美容部員が在籍する。百貨店やスーパーの化粧品売場など、複数の店舗を担当する美容部員もおり、煩雑化する通勤費や交通費の申請作業が課題だった。

 システムの導入に2019年から取り組み、2021年4月に稼働を開始し、現時点で年間5万5000時間の業務削減と、約1.5億円のコスト削減を見込んでいる。グループ企業も巻き込んだDXにおいて「スピーディーな導入」と「確実な効果創出」を実現する花王の"必勝法"とは。

6000人の美容部員の経費申請、チェックが負担に

 「2019年時点、花王のグループ会社の大半は旧システムの利用をやめていたが花王ビューティブランズカウンセリング(以下、KBBC)だけは利用を続けていた」。そう語るのは、KBBCのAI自動精算システム導入をとりまとめる花王 コーポレート戦略部門 先端技術経営改革部 部長(デジタル運用担当) の内山徹也氏だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。