メディア
ニュース
» 2022年06月08日 14時47分 公開

コインチェックが96%の業務工数削減、「RPAではなくiPaaSを使いたかった」

コインチェックは、暗号資産取引のモニタリングに「Workato」と「Google Cloud Natural Language」を活用し、業務工数を約96%も削減した。プログラミング知識がない法務部門が主導したという。

[指田昌夫,キーマンズネット]

 近年、「iPaaS」(Integration Platform as a Service)という用語を頻繁に耳にするようになった。iPaaSとはオンプレミス、クラウドの別を問わず、APIを利用して複数のアプリケーションのプロセスやデータを連携させるクラウドサービスを指す。

 業務を一気通貫で自動化する「ハイパーオートメーション」の盛り上がりとともに、それを実現するツールの一つとして注目されるようになった。

 iPaaSを利用している企業にコインチェックがある。「RPAではなくiPaaSを使いたいと思っていた」と語る同社は、暗号資産取引のモニタリングに「Workato」を活用し、業務工数を約96%も削減した。その他にもさまざまなメリットを得られたという。

 同社の河石 良太郎氏(システム運用管理部)は、Google Cloudが開催した「Google Cloud Day 2022」に登壇。Workato日本代表の鈴木浩之氏とともに、iPaaSのメリットやコインチェックの取り組みを紹介した。

Workatoとは

 Workatoは2013年に米国シリコンバレーのマウンテンビューで設立されたiPaaSベンダーだ。2021年には日本法人も設立され、日本の業務自動化市場で認知度を上げている。

 同社が提供するiPaaS「Workato」は複数のアプリケーション連携を実現する機能を提供する。業務プロセスをつなぐワークフロー作成機能や、ワークフロー内でやりとりされるデータの連携機能、チャットbotをユーザーインタフェースとしてワークフロー内に実装する機能、大規模データを高速にデータウェアハウス(DWH)と連携するためのETL/ELT機能、APIマネジメントの機能がその例だ。

 「Workatoは一部門の業務プロセスだけでなく、部門や企業をまたいだプロセスの連携に用途を広げることで効果を発揮します。現在の業務プロセスに固執せず、最も効率的な業務の進め方は何かを考えて業務改革を実行することが重要です」(鈴木氏)

 Workatoのユーザー企業は世界で1万1000社を超え、日本でも約70社で導入されている。スピード重視の経営をするベンチャー企業と、グローバルに事業を展開する大企業から引き合いが多い。

図 Workatoのユーザー企業(出典:Workatoの発表資料)

GoogleのAIとWorkatoを連携させ、業務の96%を自動化

 コインチェックでは、2021年4月にWorkatoを導入した。Workatoを選定した理由として、河石氏は「現場主導による業務自動化を実現したいが、RPAよりもiPaaSを使いたいと思っていた。チャットを利用して開発できるChatopsの考え方にも共感した」と話す。

 PC画面の操作ボタンや入力項目の位置を認識してデスクトップ作業を自動化するRPAに対し、iPaaSはPC画面を介さずAPIを通じてデータを連携させることから、組織をまたいだ業務に適応しやすいともいわれる。

 同氏によれば、Workatoは「Google Apps Script(GAS)」と比較されることも多い。GASとは、「Gmail」や「Google カレンダー」「Google ドライブ」といったGoogleのサービスを連携させ、業務フローを自動化するツールだ。だが、Workatoはノーコードで利用できる点が大きく異なるという。

 「GASが書けない従業員でも、Workatoを使ってシステム連携のスキルを身に付けられると期待しています。一方、GASが書ける従業員は、自動化シナリオの開発スピードの早さ、Google以外とのサービス連携のしさすさといったメリットを享受できています」(河石氏)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。