メディア
ニュース
» 2022年07月05日 07時00分 公開

国内ネットワーク機器市場調査 サプライチェーン問題をどう乗り越える

IDC Japanは「国内ネットワーク機器市場」の調査結果を発表した。2021年はサプライチェーン問題など、多くの困難がのしかかった年であった。企業ネットワークの適応と変革はこれ以上の後れを取れない中、2022年のネットワーク業界はどのようになるのか。

[大島広嵩,キーマンズネット]

 IDC Japan(以下、IDC)は、イーサネットスイッチやルーター、企業向け無線LAN機器からなる国内ネットワーク機器市場について、2021年のベンダーシェアを発表した。

多くの困難に直面したネットワーク業界、2022年はどうなる?

 2021年の国内ネットワーク機器市場は「GIGAスクール向けネットワーク構築案件の終息」や「5Gサービス向けモバイルバックホール構築の一巡」「半導体の供給不足を中心とするサプライチェーンの問題」など多くの問題がのしかかった。こうした困難にもかかわらず、企業向けと通信事業者向けを合わせた国内ネットワーク機器市場全体では前年から2.1%の成長となった。

 ベンダー別に見ると、国内ネットワーク機器市場首位のシスコシステムズは、製品確保に苦労しながらも無線LANを中心にネットワーク機器全体で前年から1.7%売上を伸ばし、48.1%と半数近いシェアを維持した。アライドテレシスも2021年に売上を伸ばした上位ベンダーの一つで、無線LAN機器を中心に売上を伸ばし、全体で2.6%増であった。

2021年国内ネットワーク機器市場のベンダー別支出額シェア実績(出典:IDCのリリース)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。