メディア

スパムメールの○○に気付かない人はカモにされやすいって本当?:689th Lap

スパムメールには、内容からして「これは間違いなく詐欺メールでしょ」と思うようなものがある。しかし、それが詐欺師たちの狙いだとしたら……?

» 2022年12月09日 07時00分 公開
[キーマンズネット]

 「あなたに1000万円をプレゼントする準備が整いました」など、スパムメールの中には突拍子もない内容が書かれたものがある。そういうメールを目にしたら、多くの人は「またスパムメールか」と思うだろう。しかし、もしこれが詐欺師の巧妙なワナだとしたら……。

 スパムメールの送信者はメールの文中にあえて“あるもの”を入れることで、その人がカモになりやすいかどうかを判別しているという。ここに気が付かない人は、気付かないうちに詐欺師の格好のターゲットにされているかもしれない。

 セント・アンドルース大学の研究者ベサニー・マクナリー氏がブログに投稿した記事によると、マクナリー氏は、知り合いからたびたび「詐欺師はなぜスパムメールのスペルミスをチェックせずにメールを送ってくるのか」と質問されるという。それに対してマクナリー氏は「それは単純なミスではなく、意図的なものだ」と返すそうだ。

 マクナリー氏によると、メールの文章をきちんと読んで理解している人は、たとえ正確無比なスパムメールやフィッシングメールを受け取ったとしてもすぐにそれが偽物だと感づくのだという。

 一方で、受け取ったメールが荒唐無稽な内容だったり、ムチャクチャな文章だったりしてもそれに気付きすらしない人は、注意力が足りない、物事の真実を見抜けない、つまり「だまされすい人」と判断されやすい。だからメール文章を推敲(すいこう)すらしない、内容も深慮されていないスパムメールが多く流通しているのだ。

 この現象は「ナイジェリアの詐欺師」という研究で明らかになった。これはMicrosoft Researchの研究者コーマック・ハーレー氏が発表した論文「WhydoNigerian Scammers Say They are from Nigeria?(なぜナイジェリアの詐欺師はナイジェリア出身だと言うのか)で広く知られるようになった。

 論文によると、海外でド定番の詐欺メールに「私は巨額の資金を隠し持っているナイジェリア人だ」から始まるものが多く、その後の内容にバリエーションはあれど、どれも同じような内容で、通称「ナイジェリアの手紙」と呼ばれているそうだ。

 余りにもド定番な詐欺メールのため、Google検索で「Nigeria(ナイジェリア)」と入力すれば「scam(詐欺)」とサジェストされることもあるほどだ。しかし、ド定番の詐欺メールとして知られているのにもかかかわらず何度も送られてくるのは、「Nigeria」というキーワードを検索すらしない、つまり「カモにしやすい人たち」が多いからというのがハーレー氏の見解だ。

 ハーレー氏によると「精緻な内容のメールでターゲットを広く狙うよりも、稚拙なメールでもだまされやすいターゲットを狙う方が効率が良い」とのこと。また同氏は「変なメールを受け取ってもおかしなメールだと思わない人は、格好のターゲットになる」とも指摘し、それを受けてマクナリー氏は「受信者が質の悪いスパムメールに反応した場合、詐欺師は半ば成功している」と語る。

 だからこそ、信ぴょう性がありそうなメールでも、文字の間違いやスペルミスがあったとしたら、それは詐欺メールだと判断する対応力が必要なのだ。


上司X

上司X: 雑なスパムメールは、実は詐欺師が狙ってやっていることらしい、という話だよ。


ブラックピット

ブラックピット: もう少し真面目にメールを作りなさいよ、と思うようなスパムメールを受けることは多々ありますよね。


上司X

上司X: まったくだ。日本語が不自由だったり、亭主がイグアナに喰われて遺産が入ったからアナタに差し上げます、みたいな内容だったり、芸能人がスマホを落としたからこの新しいアドレスにすぐに連絡してほしいとか……。


ブラックピット

ブラックピット: 大抵の人はそんなメールを見ても鼻で笑ってごみ箱に突っ込むところなんでしょうが。


上司X

上司X: それを信じてしまう人こそが詐欺のターゲットになる、という理屈なんだよ。


ブラックピット

ブラックピット: なんとも、まあ悲しいことですねえ。


上司X

上司X: キミだってそういう上から目線で評論している場合ではないかもしれないよ。あるとき、あからさまにおかしな詐欺メールにうっかり反応してしまう可能性だってないわけじゃない。


ブラックピット

ブラックピット: まさか僕に限って……いや、でも、もしかしたらそういうこともあるかもしれませんね。勝って兜の緒を締めよ、的な?


上司X

上司X: その喩えはおかしいと思うが……。十分警戒しても警戒しすぎることはないだろう。変なメールを受信したらまずは疑うこと。詐欺師たちの計略にはぜったいに引っ掛からないという思いで生活すべきだろうな。もちろん俺も警戒するよ。

川柳

ブラックピット(本名非公開)

ブラックピット

年齢:36歳(独身)
所属:某企業SE(入社6年目)

昔レーサーに憧れ、夢見ていたが断念した経歴を持つ(中学生の時にゲームセンターのレーシングゲームで全国1位を取り、なんとなく自分ならイケる気がしてしまった)。愛車は黒のスカイライン。憧れはGTR。車とF1観戦が趣味。笑いはもっぱらシュールなネタが好き。

上司X(本名なぜか非公開)

上司X

年齢:46歳
所属:某企業システム部長(かなりのITベテラン)

中学生のときに秋葉原のBit-INN(ビットイン)で見たTK-80に魅せられITの世界に入る。以来ITひと筋。もともと車が趣味だったが、ブラックピットの影響で、つい最近F1にはまる。愛車はGTR(でも中古らしい)。人懐っこく、面倒見が良い性格。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。

編集部からのお知らせ