メディア

UiPathでChatGPTが利用可能に 「UiPath Platform 2023.4」の提供開始

UiPathは5月17日、「UiPath Platform 2023.4」の提供を開始した。UiPathの自動化プラットフォームで「ChatGPT」機能や「Azure OpenAI Service」をベースとした予測文章機能およびチャット補完機能を利用できるようになるという。

» 2023年05月17日 15時50分 公開
[キーマンズネット]

 UiPathは5月17日、自動化プラットフォームの最新バージョンである「UiPath Platform 2023.4」の提供を開始した。生成AIを利用するためのアドオン機能や、市民開発を促す機能、管理運用に関わる機能などを新たに追加した。

 AI機能はUiPath Platform全体に組み込まれ、シンプルな自動化から高度な自動化までを実現する。「UiPath Document Understanding」には、現在35のモデルが組み込まれ、文書を検証しながら常に学習し、人間によってレビューが必要な例外パターンを削減しているという。「UiPath Communications Mining」は、「Flan-T5」をはじめとする最新の大規模言語モデルをベースにしていている。

 ユーザーはこれらUiPathに組み込まれたAIを活用できる他、OpenAIやMicrosoft、Google Cloud、Amazon Web Servicesが提供するAIモデルも統合できる。具体的に何ができるのか。

 OpenAIコネクターによって、「ChatGPT」機能や「Azure OpenAI Service」をベースとした予測文章機能およびチャット補完機能を利用できるようになった。また、「Google Vision」「Microsoft Vision」「icrosoft Sentiment」「Microsoft Translator」「AWS SageMaker」などのAIサービスのコネクターの提供も開始する。

 その他、ナレッジワーカー向けの高度なAIと表現する「Clipboard AI」も利用できる。表計算シートやドキュメント、業務アプリ、写真などから大量のデータをコピーし、それを別のフォーマットやラベル、データ規約に沿ってコピー&ペーストする。

 開発者ツールについては、市民開発者とプロの開発者の双方に向けた機能が追加された。

 「Studio Web」は、クロスプラットフォームのユーザーがソフトウェアのインストールなしに、Webブラウザで開発者ツールにアクセスできるというもの。市民開発の裾野を広げるとしている。

 「Attended Automation」(有人オートメーション)が改善されたことで、開発者は特定のユーザーアクションに基づいた自動化を実行できるようになった。

 さらに「UiPath Apps」によってフォルダへの展開が容易になり、アプリケーションのライフサイクル管理が強化された。VB.NET式言語も追加したことで、開発者が新たに使える機能が広がった。

 新たに追加された「SAP Heatmap」では、SAPの利用状況やテスト結果が分かるようビジュアル化することで、テスト実行者やビジネスアナリストがSAPの健全性を即座に理解できる。

 運用運用機能については、「Unattended Robots」が業務を実行する様子をライブ中継する他、後でレビューやトラブルシューティングができるよう録画したり、遠隔操作したりする可視化機能を追加した。

 その他、自動化によるROI(投資対効果)の比較を容易にする機能や、専門家によるサポートプログラムの提供なども盛り込まれている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。

編集部からのお知らせ