メディア
ニュース
» 2023年10月17日 10時00分 公開

Boxが生成AI機能と連携、「Box Hubs」を発表

Box Japanは「Box Hubs」を発表した。Box Hubsで整理しているドキュメントに基づいて、質問に対して即座に回答を得たり、膨大な量の情報を自動でまとめたり、新しいコンテンツを作成したりできる。

[キーマンズネット]

 Box Japanは2023年10月12日、「Box Hubs」を発表した。Box Hubsは「Box AI」の機能によって、Box Hubsで整理しているドキュメントに基づいて、質問に対して即座に回答を得たり、膨大な量の情報を自動でまとめたり、新しいコンテンツを作成したりできる。

 Box Hubsは、ユーザーのトレーニングなしにコンテンツを整理したり公開したりできる。希望のファイルを数回クリックすればコンテンツを公開でき、ヘッダ画像やアイコン、説明情報、直感的なコンテンツレイアウトを追加してHubsをカスタマイズできる。Box Hubsで公開したコンテンツは、Boxのエンタープライズ基準のセキュリティやガバナンス、コンプライアンスの要件を常に保持し、コンテンツは対象のオーディエンスのみが利用可能だ。そのため、企業だけでなく、部門やチームの単位でコンテンツを安全に管理、整理、公開できる。

 さらに、蓄積した膨大なデータの価値を、生成AI(人工知能)の機能を使って最大限に引き出す機能も備える。

Box Hubsのギャラリー(出典:Box Japanの公開資料)

生成AIとしてOpenAIの技術を組み込む

 Box Hubs内のコンテンツに対して質問を投げかけ、重要な情報を引き出したり、複雑なコンセプトを要約したり、特定のファイルを比較したりできる。Box Hubs内の情報に基づいた、関連性の高い新しいコンテンツを作成することも可能だ。

 Boxの共同創業者兼CEOを務めるアーロン・レヴィ氏は、「企業は膨大な量のコンテンツを整理し、活用する上で、かつてないほどの課題に直面している。チーム内の認識を合わせる、最新データを渡す、正しい情報を適切なパートナーの下に届けるといったこれら全てが組織を運営する上で不可欠だ。Box HubsとBox AIによって、Boxのコンテンツをより便利に価値あるものにする。セールスイネーブルメントや人事ポリシー、ブランド資料や製品開発チームに至るまで、Box Hubsはコンテンツを収集し、管理し、公開する方法を変革する」と述べている。

Box AIのUI(出典:Box Japanの公開資料)

 Box Hubsの基本機能は、Enterpriseプラン以上の全てのユーザーが利用可能だ。Box AIの機能を備えたBox Hubsは、Enterprise Plusプランに含まれる。どちらも2024年にベータ版を提供する予定だ。

 なお、Box AIは、2023年5月に発表されたもので、AIモデルをBoxに実装する新機能群を指す。OpenAIの技術を組み込み、ユーザーが「Box Notes」でコンテンツを作成したり、特定のドキュメントに対してBoxのプレビュー画面上で質問したりできる。BoxのEnterprise Plusプランのユーザーに対して、2023年11月にベータ版の提供を開始する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。