メディア
連載
» 2023年10月27日 07時00分 公開

2024年のセキュリティ予算はどうなる? GartnerとMoody'sの調査から分かること

GartnerとMoody'sはサイバーセキュリティ予算について、現状と将来予測を発表した。セキュリティ予算はどこまで増えるのだろうか。

[Matt KapkoCybersecurity Dive]
Cybersecurity Dive

 調査会社Gartnerが2023年9月28日に発表した最新の予測によると(注1)、セキュリティとリスク管理に対する全世界のエンドユーザーの支出は2024年にさらに増える。

GartnerとMoody'sの発表から分かること

 Gartnerはサイバーセキュリティを10種類のセグメントに分けて予測した。どの程度、増加するのだろうか。

 まず、全支出は2024年に2150億ドルに達し、2023年と比較して14%増加するという。

 業界最大のセグメントは「セキュリティサービス」だ。コンサルティングやITアウトソーシング、実装、ハードウェアサポートを含む。これだけで全支出の42%を占める。Gartnerによると、このセグメントは2024年に110億ドル増加して900億ドルに達する。次いで「インフラ保護」(333億ドル)と「ネットワークセキュリティ機器」(243億ドル)だという。

 Gartnerのシレンドラ・ウパダヤ氏(シニアリサーチプリンシパル)は、次のように述べた。

 「サイバーリスクと脅威の増加、変化する環境を考慮すると、組織がサイバーセキュリティプログラムを構築して最適化することは、これまで以上に重要だ」

増大するサイバーリスクに備えるために支出が増加

 債券格付け機関業務などを担うMoody’sが1700社以上の格付債券発行者を対象に実施した調査では、規制要件やサイバーリスクに対応するため、企業がサイバーセキュリティへの投資を増やしていることが浮き彫りになった。

 「Moody's 2023 cyber survey」によると(注2)、サイバーセキュリティの支出は2019年から2023年にかけて70%増加した。

 サイバーセキュリティに割り当てられる技術資金の割合も増加した。Moody's 2023 cyber surveyによると(注3)、組織は「2023年にテクノロジー関連予算の8%をサイバーセキュリティに使う」と回答しており、これは2019年の5%から3ポイント増えた。

 Moody'sのルロイ・テレロンジ氏(サイバークレジットリスクを担当するバイスプレジデント、アナリスト)は次のように述べた。

 「予算は拡大しているものの、多くの企業にとって高度なサイバーセキュリティの実践はいまだ手の届かないものだ。回答では、一部の対策の有効性に疑問を投げかけた。企業や組織は、サイバーセキュリティ人材の不足や新たなリスクをもたらす生成AIの登場などの潜在的な課題に直面している」

© Industry Dive. All rights reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。