「その他情報システム関連」に関する製品情報やサービスの比較・事例、セミナーやニュース

その他情報システム関連

その他情報システム関連としては、RFIDや(Radio Frequency Identification)やAI(Artificial Intelligence:人工知能)などが挙げられる。前者は電波を利用して人や物を認識する非接触型の自動認識技術であり、また後者は人間の脳が行う情報処理などの知的作業をコンピュータシステムによって実現する技術のことである。

その他情報システム関連の新着カタログ

その他情報システム関連の新着セミナー

MA運用における開始条件と成功ポイントのご紹介

SCSKサービスウェア株式会社

2021/12/14(火)15:00~15:40

  • オンラインセミナー
  • 無料
  • 定員100名
  • 情報システム
  • 運用管理

【パナソニック活用事例紹介】12/7開催:PatentSQUARE×AIによる特許調査業務のご紹介

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社

2021/12/07(火)14:00~16:00

  • オンラインセミナー
  • 無料
  • 定員300名
  • 情報システム
  • 業務プロセス

公認システム監査人特別認定講習(論文およびプレゼンテーションコース)

情報システム監査株式会社

2022/01/14(金)09:00~17:30

  • 大阪府
  • 有料
  • 定員なし
  • 情報システム
  • 運用管理
  • 業務プロセス

公認システム監査人特別認定講習(論文およびプレゼンテーションコース)

情報システム監査株式会社

2022/01/14(金)09:00~17:30

  • 東京都
  • 有料
  • 定員なし
  • 情報システム
  • 運用管理
  • 業務プロセス

その他情報システム関連の新着記事

その他情報システム関連の基本機能とは?

その他情報システム関連で、例えばRFIDでは、商品や人に付与するタグやラベル状に加工されたアンテナ付きICチップと、ICチップに対する情報の書き込み/読み取りを行うライタ/リーダで実際の仕組みを構築する。またAIによって提供可能な機能としては、音声認識や言語翻訳、画像認識などが挙げられる。

その他情報システム関連の導入メリットとは?

その他情報システム関連で、RFIDの導入メリットとしては、例えば物品/備品といった様々な資産にICタグを付けることで、資産の購入から搬入/設置/移動/廃棄までのデータを効率よく一元管理することができ、棚卸や検索といった現品管理業務の効率を向上させることが可能となる。またAIを使ったエキスパートシステムの導入メリットとしては、様々な専門分野に従事するプロフェッショナルの知恵を多様な課題解決のために適用することなどが可能となる。