メディア
ニュース
» 2022年04月15日 08時42分 公開

Future of Workとは?注目の背景や関連技術、働き方改革との違いを解説

Future of Workとは、企業が競争優位性を確保するための「働き方の未来」を指す。関連市場の急成長が見込まれる。本稿ではFuture of Workの定義や市場規模、具体的な働き方の例を解説する

[キーマンズネット]

サマリー

  • Future of Workの定義と経済効果
  • 関連技術/用語

 Future of Workとは、ITを活用した働き方の変革を促す概念で「働き方の未来」と訳される。

 2019年4月以降、労働人口の減少を背景に働き方改革関連法案が順次施行された。それに合わせて企業は従来の長時間労働を見直し、より効率的な労働環境を整備したり多様な人材/働き方を採用したりといった取り組みを進めている。

 そのような中で注目されるのがFuture of Work関連市場だ。デジタル活用を前提とした働き方への変革を支援するソリューションを中心に、市場の急成長が期待される。

 2019年11月にCitrixが開催した「Future of Work Tour Tokyo 2019」で民間企業の取り組み事例が紹介された他、同年12月に「2020年国内IT市場10大予測」にてIDC Japanが「重要性が増大する」と予測して注目を集めた。

 更に、コロナ禍によって急速な市場拡大が予想される。2022年4月7日にIDC Japanが発表した予測によれば、2021年の市場規模は4兆5031億円と推計され、2025年の市場は8兆5009億円に上る。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。