ニュース
» 2021年12月24日 10時00分 公開

iPaaSとは? RPAとの違いや導入メリット、主要製品5つを紹介IT用語3分リーディング

業務自動化における「RPAの弱点」を補い、処理を自動化する。サイロ化したシステムを連携して業務効率化を図る。

[キーマンズネット]
  • iPaaS普及の背景、RPAとの違い
  • 主要な製品5種類
  • 関連用語

 iPaaS(アイパース:Integration Platform as a Service)は、データの統合やシステム連携を実現するサービスを指す。SaaSの普及によって起きやすくなったシステムのサイロ化を解消し、業務全体の効率化を図れる。システム間連携が容易になり、データ活用の支援などにも効果を発揮する。

iPaaS普及の背景、RPAとの違い

 SaaSは安価でスモールスタートが可能だが、システム間連携が困難なケースもあり、システムのサイロ化も生じやすい。例えば「SaaSが出力したデータを別のシステムに入力し、その一部を『Microsoft Excel』シートに転記する」といった中継的な手作業は、RPA(Robotic Process Automation)での自動化が難しい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。