メディア
調査リポート
» 2007年11月05日 10時00分 公開

「携帯電話」シェア(2007年第2四半期)シェア情報アーカイブ

IDC Japanの調べによると、2007年第2四半期の国内携帯電話シェアは、前年に比べ出荷台数が7.9%増加している。

[キーマンズネット]

 IDC Japanの調べによれば、2007年第2四半期の国内携帯電話市場は、出荷台数が1337万台となり、前年に比べ7.9%増加している。プラス成長の主要因としては、前四半期に続き、通信事業者側から新規の低料金サービスや期間限定無料サービスなどが積極的に提供され、契約変更に伴う買い替え需要が順調に拡大したことが挙げられる。また、低〜中位機種に相当する3G端末の製品ラインアップの充実により、新規やライトユーザー向けの需要拡大も要因となっている。

 市場全体の推移としては、需要自体は堅調に推移するとみられるが、一方で2007年前半時点で在庫問題が顕在化し始めており、通信事業者側の在庫管理能力が後半の需要動向に大きく影響するものと予測される。

 市場占有率は、地上波デジタル機能搭載端末を含めたハイエンド市場に強いシャープが出荷台数ベースで30.0%のシェアを獲得し、5四半期連続で1位を確保している。2位には、地デジ機能搭載の上位機種や、薄型モデルを中心とした低価格3G端末をバランス良く出荷しているパナソニックモバイルが13.7%を獲得し、続いている。また、FOMAシリーズの「らくらくホン」が人気の高い富士通は、FOMA 904シリーズで女性を中心としたユーザーから高い評価を受け、出荷台数を大きく伸ばして市場の13.4%を獲得し、3位となった。

「携帯電話」シェア(2007年第2四半期) (出典:IDC Japan)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。