メディア
特集
» 2015年05月19日 10時00分 公開

統合ログ管理ツールの導入状況(2015年)IT担当者300人に聞きました(3/5 ページ)

[キーマンズネット]

ログ収集の対象に変化、セキュリティ対策での活用を期待する傾向にあり

 次に、統合ログ管理ツールを導入している人および今後導入を予定する人に、「ログ取得の対象」について聞いた。その結果、導入済みの人は、1位が「OS(Windows)」で66.7%、同率2位が「ネットワーク機器」「セキュリティ機器(ファイアウォールなど)」で45.0%、4位が「パッケージソフト」で40.0%、5位が「データベース」で36.7%と続く結果となった(図3-1)。

 一方で導入予定の人は、1位が「セキュリティ機器(ファイアウォールなど)」で58.8%、2位が「ネットワーク機器」で52.9%、3位が「OS(Windows)」で50.0%、4位が「データベース」で47.1%、5位が「パッケージソフト」で22.1%となった(図3-2)。

 今まではOS(サーバやPC)のログ収集が重視されていたのに対し、今後導入予定の企業ではセキュリティ機器のログを最も重視しており、2位にもネットワーク機器が上がっていることから、主にセキュリティ対策での活用を期待している様子がうかがえる。

 また、「パッケージソフト」については17.9%も下がっており、優先度が低くなっていた。これは、企業が利用するさまざまなツールがクラウドサービスに移行していることも起因していると考えられる。

ログ取得の対象(導入済み・導入予定) 図3 ログ取得の対象(導入済み・導入予定)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。