特集
» 2017年06月08日 10時00分 公開

ワークスタイル変革と勤怠管理システムの導入状況(2017年)/前編IT担当者300人に聞きました(3/3 ページ)

[キーマンズネット]
前のページへ 1|2|3       

「多様化への対応」「勤務状況の把握」が悩み

 最後に現状の勤怠管理の苦労している点について「不満な点はない」と回答した人以外の意見を聞いたところ、「在宅勤務など勤務体系の多様化に対応できていない」41.1%、「勤怠状況をリアルタイムで把握できない」34.3%、「収集・集計作業が煩雑」32.5%、「未入力者が多く、管理や入力促進に手間がかかる」26.4%、「従業員によって異なる雇用形態に対応していない」24.9%と続いた(図3-1)。

 この結果を2年前の調査「勤怠管理システムの導入状況(2015年)」と比較すると、「未入力への対応」や「収集・集計の手間」と「勤務体系の多様化への対応」「勤怠状況のリアルタイム把握」の順位が逆転していることが分かる。このことからも、企業におけるワークスタイル変革への取り組みやその検討が、ここ2年で大きく進んでいる傾向が読みとれる。

勤怠管理で苦労している点(2017年と2015年) 図3 勤怠管理で苦労している点(2017年と2015年)
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。