メディア
連載
» 2017年07月27日 10時00分 公開

SNSのブラックボックスをどう開く? JALが実践したデータドリブンなチームの作り方事例で学ぶ!業務改善のヒント(2/5 ページ)

[キーマンズネット]

共通指標で評価できる環境が必要だった

 課題はデータの取り扱いだった。SNSはサービスが変われば取得するための指標や取得できるデータも変わる。例えば、Aという施策とBという施策を実行したときは、FacebookやInstagramとTwitterとでは異なる反応が起こることがあるため、それらを評価する指標やデータが変わってくる。

InstagramとTwitterでの情報発信の例 InstagramとTwitterでの情報発信の例 画像左から、Instagramの公式アカウント、Twitterの公式アカウント、Twitterの運行情報発信用アカウント。複数のチャネルで目的ごとに情報を発信している(SNSアカウントの画面を編集部で加工)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。