特集
» 2018年03月21日 10時00分 公開

WinActor導入3社に聞く__RPAの導入目的の本質、運用体制、求められる人材スキル

[相馬大輔,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

ホワイトカラー労働者の定型業務をソフトウエアのロボットで代替するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)。定型的な事務作業を多く抱えている大手金融での導入が発端となり、ここ3年ほどで広まりだしたテクノロジーはいよいよ普及期に入り、ユーザー企業の地域分布や規模、業種は急速な拡大をみせている。そうした現況を伝える事例として、株式会社NTTデータが提供するRPAツール「WinActor/WinDirector」の導入企業などを取材。地域金融機関の遠州信用金庫(浜松市中区)と、大手私鉄などを束ねる近鉄グループホールディングス株式会社(大阪市天王寺区)、さらに同ツールの運用を担うスタッフ向けの研修プログラムを始めた人材サービス会社、ヒューマンリソシア株式会社(東京都新宿区)の狙いにも迫った。

RPA導入の真の狙いは「業務の可視化」と「社員の意識改革」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。