メディア
特集
» 2018年11月05日 10時00分 公開

ID管理の“あれもこれも”を無料で使えるサービスも? IDaaSの「何ができる」を徹底解説(2/4 ページ)

[吉村哲樹,オフィスティーワイ]

ビジネスでのクラウド利用が当たり前の時代は、ID管理が新たなセキュリティ境界線に

 ここ数年のクラウドサービスの普及により、情報セキュリティにおけるID管理の重要性はますます増しつつある。行政独立法人 情報処理推進機構(IPA)が発行する「情報セキュリティ白書2018」によると、不正アクセスの被害届のうち、全体の3割強を占めているのが、「ID・パスワードの不備」だ。不正アクセスの原因の多くは、企業のID管理に対する意識の希薄さにある。IDの管理不備が情報漏えいにつながり、企業にとって大きなダメージとなる。

図3:2017年不正アクセス届け出被害原因(資料提供:エクスジェン・ネットワークス) 図3:2017年不正アクセス届け出被害原因(資料提供:エクスジェン・ネットワークス)
図4:IDを使った経済犯罪事例(資料提供:エクスジェン・ネットワークス) 図4:IDを使った経済犯罪事例(資料提供:エクスジェン・ネットワークス)

 クラウドサービスのビジネス利用が当たり前となり、モバイルワークや在宅勤務を導入する企業が増えている現在は、社外からインターネットを経由して直接クラウドサービスにアクセスするケースも多いだろう。

 重要なのがID管理だ。ユーザーのIDにひもづけてシステムのアクセス権限を管理したり、ユーザーを厳密に認証したり、実際のアクセス状況を監視することで、安全性を確保する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。