特集
» 2019年03月05日 10時00分 公開

BizRobo!と協働するビジョンは?――Kofax社のダン・グッド氏とジョン・ポール・スナイダー氏に聞く

[相馬大輔,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

RPA市場をリードするさまざまな技術を所有

国内のRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)市場のなかで国内No.1の実績を持つRPAテクノロジーズ株式会社の「BizRobo!」。米国Kofax社とRPAテクノロジーズ社がなぜ協働しBizRobo!を創造するのか?その誕生の背景やビジョン、これからのRPAが果たす役割ついて、Kofax社のキーマンお二人にインタビューを実施した。

―自己紹介をお願いします。

ダン・グッド氏: 私は事業開発マネージャーとして、グローバルOEM販売チームを管理しています。具体的には、RPAテクノロジーズ社の「BizRobo!」や、Kofax社の「Kofax VRS」と「Kofax Express」といった製品の販売代理店とのパートナーシップにおける責任者をしています。私は2007年にKofax社に入社し、2014年からBizRobo!を担当してきました。日本におけるRPA市場の先駆者であるRPAテクノロジーズ社を支援してきたこの数年は、我々にとって非常にエキサイティングでした。今後も、RPAテクノロジーズ社との強いパートナーシップに基づいて、日本全国での新しい事業機会が創出されることをとても楽しみにしています。

ジョン・ポール・スナイダー氏: 私はグローバル取引管理ディレクターとして、Kofax製品を取り扱っているパートナー企業様と当社がウィンウィンになることをミッションに掲げ、高付加価値で複雑な取引に携わるチームを管理しています。 私は1999年にKofax社に入社し、2014年からRPAテクノロジーズ社を支援してきました。ダンが先ほどお話ししたように、私もRPAテクノロジーズ社とのパートナーシップはお互いにとって非常に有益で、今後も我々の事業は継続的に成長していくと思っています。

左から:ジョン・ポール・スナイダー氏とダン・グッド氏

―御社の主力製品の優位性について教えてください。

RPAはソフトウェアロボットを使用して反復的な作業や手作業によるプロセスを自動化し、従業員の労働力を増強するソリューションであり、この数年、市場が急成長し話題になっています。RPAを活用することで組織の効率及び業務の生産性が高まり、その結果として、顧客との信頼関係の維持向上やコスト削減などが実現されます。

我々の主力製品であるKofax RPA(旧製品名:Kapow)は、複雑で高度な業務プロセスを自動化したいという組織のニーズに完全に対応できる次世代機能を搭載し、速やかなスケール化とTCO(総所有コスト)削減を実現します。本製品は、技術者ではない経理部門や事業部門の方でも簡単に操作できる開発環境を有している点が特徴です。と同時に、IT部門の経験豊富なプログラマーにとっても充分かつ、とても高い性能を備えていると自負しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。