特集
» 2021年08月17日 11時30分 公開

副業でどれくらい稼いでる? 副業とお金が分かるランキング

パーソル総合研究所は、副業に関する調査結果(個人編)を発表した。副業者の割合が高い職種や年収、副業にかける時間や収入の他、地方における副業への関心、初めて副業を始めた時期、副業の人気ランキングなどが明らかになった。ランキングから見えてくる副業の今とは。

[キーマンズネット]

 パーソル総合研究所は2021年8月13日、副業に関する調査結果(個人編)を発表した。副業に関する個人の実施把握が目的で、今回の調査は2018年に続いて2回目だ。パーソル総合研究所は、副業に関する調査結果(個人編)を発表した。副業者の割合が高い職種や年収、副業にかける時間や収入の他、地方における副業への関心、初めて副業を始めた時期、副業の人気ランキングなどが明らかになった。ランキングから見えてくる副業の今とは。

副業者の割合が高い職種、年収は?

 今回の調査では、副業を行っている正社員の割合は9.3%で、2018年調査から1.6ポイント減少した。この3年間で、企業の副業に対する容認姿勢は進んでいるものの、実際に副業を行う人の割合はほぼ横ばいだった(図1)。

図1 副業を行っている正社員の割合(出典:パーソル総合研究所のリリース)

 正社員の副業実施状況を年代別に見ると、男女ともに年齢が低いほど副業をしている人の割合が高い。20歳代は男性が13.9%、女性が10.9%、30歳代は男性が12.1%、女性が9.0%なのに対して、40歳代は男性が8.4%、女性が7.2%、50歳代は男性が5.8%、女性が6.9%だった。

 年収別では、どのような結果が出ているのだろうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。