ニュース
» 2021年09月30日 19時00分 公開

ハイブリッドワークがもたらす新たな課題に企業はどう立ち向かうべきか

テレワークとオフィスワークを組み合わせた働き方「ハイブリッドワーク」の実現には、双方で生じ得る問題を解決する必要がある。そのために、企業は何を考えるべきか。

[Roberto Torres,HR Dive]
HR Dive

 金融サービス会社Northwestern Mutualの従業員は1年以上にわたって在宅勤務をした後にオフィス勤務に戻った。同社はハイブリッドモデルを採用しているため、オフィスへの出勤は任意だ。

 柔軟なワークモデルの下で従業員がオフィスに戻ることの課題と利点に適応するには、しばらく時間がかかるだろう。Northwestern MutualのEVP兼CIOであるニール・サンプル氏は、「今後数カ月かけて経験から学ぶようにする」と語る。

 しかし、問題は早くも1週目に現れた。「従業員からシステムの再起動や再調整を求める電話が多く寄せられた」とサンプル氏は語る。

 The Conference Boardが米国在住の3600人の従業員を対象に行った調査によると、2021年6月にオフィスに戻った従業員はわずか12%だったが、2021年9月末までには43%がオフィスに復帰する予定だという。

 リモートと対面のハイブリッド環境で業務を進める場合、従業員が柔軟に働けるようにサポートする必要がある。また、従業員の増減に対応できるシステムも必要だ。

 しかし、新たな問題が発生する。ソフトウェアやハードウェア、クラウドツールをセットアップし、勤務場所に関係なく平等なエクスペリエンスをサポートする必要がある。

 サンプル氏は「場合によっては機器の増設が求められることもあるが、それはもう少し時間をかけて解決する必要がある。当社はハイクオリティーなホームエクスペリエンスとも言える環境を各従業員の自宅に与えたが、今ではオフィスに戻りつつある。自宅はあまり生産的な環境ではないと感じる、またはその逆のケースもある」と言う。

ハイブリッドワークによって疲弊するIT部門

 Gartnerによると、フルタイムでリモート勤務に適応する過程で従業員はテクノロジーに精通し、ワーカーの18%が自分を“デジタル技術の専門家”と考えているという。また、半数以上がコラボレーションのために個人で導入したアプリケーションまたはWebサービスを使用しているという。

© Industry Dive. All rights reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。