ニュース
» 2021年11月17日 09時00分 公開

3万時間分の労働力が失われる――宝塚市が語るハイパーオートメーションの肝

2040年に市職員の減少で年間約3万時間分の労働力不足を見込む宝塚市。業務改革に着手したが、各部署で個別最適が進み「組織風土が改革を阻害する」こともあった。壁を乗り越え、組織横断的な業務の自動化を成し遂げられた理由は何か。

[元廣妙子,キーマンズネット]

 自治体における業務改革は、「個別最適からの脱却ができない」「組織風土により改革が阻害される」「改革の必要性は感じながらも行動に移せない」ことが課題として取り上げられる。

 兵庫県宝塚市も同様の課題を抱えていた。2040年には市民の高齢化により市の財政状況が厳しくなることが予想される。さらに市職員が減少することで年間約3万時間分の労働力が失われることを見込む。

 この状況を打破するには、総労働時間の適正化や職員自らが「働き方を変えなければならない」とする意識の醸成が必要だ。だが当初は、職員の間で業務変革の必要性やRPAなどの手段に対する認識にギャップがあり、各部署で個別最適に進む業務の手順を変えられない状態だった。

 ところが今は、市職員の意識が徐々に変わりつつあり、組織を横断した市全体の最適化によって、職員が「人ならではの価値」を創出できる体制にシフトしようとしている。同市は“トランスフォーメーション”をどのようにして成し遂げようとしているのか。宝塚市の3つの工夫を聞いた。

本記事は、Automation Anywhere主催のイベント「Imagine Digital Japan 2021」における「The Transformation of Takarazuka」のセッションを編集部で再構成した。


年間約3万時間の労働力が失われる、宝塚市の危機

 宝塚市の吉川 達氏(企画経営部 行財政改革室 行革推進課 係長)は、同市がRPAの導入に着手した背景として「2040年問題を背景とした課題」「新型コロナウイルス感染症がもたらした新たな日常への対応」の2点を挙げる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。