メディア
特集
» 2021年12月15日 17時45分 公開

創造的な仕事のみをヒトにお任せ UiPathの長期戦略「セマンティックオートメーション」の第一歩

RPAは単純作業を自動化するものから、AIやクラウドサービスを活用してエンドツーエンドの自動化をするサービスへと進化してきた。UiPathが推進する、エンドツーエンドの次のステージ「セマンティックオートメーション」と、その第一歩となる最新版プラットフォーム「UiPath 2021.10」を紹介する。

[元廣妙子,キーマンズネット]

 2021年12月1日にUiPathは最新版プラットフォーム「UiPath 2021.10」を発表した。「UiPath 2021.10」は、新たな自動化のステージとなる「セマンティックオートメーション」の第一歩となり、100以上の新機能および強化機能が追加された。

 最新版プラットフォーム「UiPath 2021.10」の強化ポイントと「セマンティックオートメーション」について、UiPathの長谷川 康一氏(代表取締役CEO)と原田英典氏(プロダクト&イベントマーケティング部)が語った。

 原田氏は「UiPath 2021.10」の注目すべきポイントとして、「エンタープライズ規模の管理運用」「プラットフォームの拡大」「自動化業務の連携」「ユニバーサルプラットフォーム」(クラウドとオンプレミスの融合)の4点を挙げた。

エンタープライズ規模の管理運用

 近年、UiPathの製品はデスクトップや部署単位でなく、全社規模での利用が増えた。10万台を超える規模でロボットを利用する企業が現れ、ロボットの運用工数の増加が問題となった。「UiPath 2021.10」ではエンタープライズ向けの運用性が強化され、管理工数の削減が可能だ。

 「Robot Self-Healing」(ロボット自己修復)機能では、ロボットの実行画面が変更された際のセレクターや画面要素の取得を自動化し、「UiPath Studio」「UiPath Robots」「UiPath Assistant」の自動化環境をワンクリックで更新できる。

 セキュリティにおいてはCrowdStrikeとのパートナーシップにより、業界で初めてRPA向けのエンドポイントのセキュリティ対策が可能になる。認証においては、Azure Active DirectoryおよびEasy SSOとの連携によるシングルサインオンが可能で、エンタープライズ向けの機能が充実した。

図1 運用機能やセキュリティの向上でエンタープライズ向けに強化

 以降、残りの3つのポイント「プラットフォームの拡大」「自動化業務の連携」「ユニバーサルプラットフォーム」(クラウドとオンプレミスの融合)と、「セマンティックオートメーション」について解説する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。