メディア
ニュース
» 2022年01月11日 07時00分 公開

やる気ない退職しない、悪影響は50倍与える「ゾンビ社員」の実態と対処法

Perceptyxの調査によると、企業に属する調査対象者のうち約34%が「仕事に不満があり、やる気はなく、退職の予定はない」と回答したという。さらに、ある調査項目においては、やる気のない従業員が、やる気のある従業員に比べて50倍近い悪影響を与える事実も明らかになった。

[Kathryn Moody,HR Dive]
HR Dive

 Perceptyxの調査によると、企業に属する調査対象者のうち約50%が仕事に不満を持っていることが分かった。「燃え尽きて辞めたい」と言う人がいる一方で、34%の人は「不満があり、やる気はないが、退社する予定はない」と回答した。そういった従業員をPerceptyxは「ディスコネクテッド」と呼ぶ。やる気も退職意思もない「ゾンビ社員」の弊害やその“倒し方”とは。

やる気を出さない退職もしない、でも組織に与える悪影響は50倍

 2021年10月にPerceptyxが発表したレポートによると、同社が呼ぶディスコネクテッドがやる気のある従業員に比べて、組織に50倍近い悪影響を与える事実が明らかになった。

© Industry Dive. All rights reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。