メディア
特集
» 2022年02月07日 09時00分 公開

"片田舎の町工場"のDXから学ぶ、1日30分を捻出するGoogle Workspace活用術

東邦工業はGoogle Workspaceを活用し、紙や固定電話をベースにした業務の進め方を徐々に変革している。そのアプローチには幾つかの工夫があった。中小企業ならではのDXの進め方とは。

[インサイト合同会社]

 企業におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)の重要性が叫ばれ、中堅中小企業もその例外ではない。だが、大規模な企業と比較して人のリソースやお金が潤沢でないという理由から、DXの取り組みをなかなか進められないといった悩みも聞かれる。

 東邦工業は、150人の従業員を擁するプラスチック製造企業で、2022年に創業62年を迎える。従来は、固定電話や紙の回覧、ホワイトボードで情報を共有しており、業務には幾つもの二度手間が発生していた。こうした状況にメスを入れようと「Google Workspace」を導入したが、すぐに浸透したわけではなかった。

 これに対し、同社は“中小企業ならではの進め方”によって二度手間を削減し、業務の変革を実現している。東邦工業のIT化推進室 室長を務める堀 敦史氏が、自社の取り組みと中小企業におけるDXの在り方を共有した。

Google スプレッドシートで1人あたり1日平均30分を削減

 東邦工業が効率化を進めた業務の1つに「工場の生産スケジュールの確認作業」がある。従来は、紙に印刷した生産スケジュールを関係部署の間で回覧していたため、最新の情報をすぐに確認できないことを課題に感じていた。

「生産部門が1カ月分、1週間分の生産予定を作り、紙に印刷して回覧していました。関係部署がハンコを押しながら回覧するため、月曜日に生産予定を作成しても回覧が終わるのは木曜日になります」(堀氏)

 回覧の途中で内容に変更があった場合は、生産予定を作り直す必要がある。最新情報は事務所のホワイトボードに記していたが、関係者がわざわざ事務所に出向いてホワイトボードを確認する手間が発生した。生産部門に「今日は機械が使えるか」と問い合わせの電話が寄せられる場合もあり、その対応に苦慮していたという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

製品カタログや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。